車のエンジンに連動して電源がON OFFするハンズフリーカー あす楽 爆安 サンワサプライ Bluetoothハンズフリーカーキット 3905円 車のエンジンに連動して電源がON/OFFするハンズフリーカー 【あす楽】サンワサプライ Bluetoothハンズフリーカーキット 車用品・バイク用品 車用品 アクセサリー スマホ・タブレット・携帯電話用品 その他 3905円 車のエンジンに連動して電源がON/OFFするハンズフリーカー 【あす楽】サンワサプライ Bluetoothハンズフリーカーキット 車用品・バイク用品 車用品 アクセサリー スマホ・タブレット・携帯電話用品 その他 車用品・バイク用品 , 車用品 , アクセサリー , スマホ・タブレット・携帯電話用品 , その他,quatetgiasi.com,3905円,車のエンジンに連動して電源がON/OFFするハンズフリーカー,【あす楽】サンワサプライ,/impiously1184221.html,Bluetoothハンズフリーカーキット 車のエンジンに連動して電源がON OFFするハンズフリーカー あす楽 爆安 サンワサプライ Bluetoothハンズフリーカーキット 車用品・バイク用品 , 車用品 , アクセサリー , スマホ・タブレット・携帯電話用品 , その他,quatetgiasi.com,3905円,車のエンジンに連動して電源がON/OFFするハンズフリーカー,【あす楽】サンワサプライ,/impiously1184221.html,Bluetoothハンズフリーカーキット

ギフト 車のエンジンに連動して電源がON OFFするハンズフリーカー あす楽 爆安 サンワサプライ Bluetoothハンズフリーカーキット

車のエンジンに連動して電源がON/OFFするハンズフリーカー 【あす楽】サンワサプライ Bluetoothハンズフリーカーキット

3905円

車のエンジンに連動して電源がON/OFFするハンズフリーカー 【あす楽】サンワサプライ Bluetoothハンズフリーカーキット



送料規定・納期でご確認下さい。

【主な特長】

車のエンジンに連動して電源がON/OFFするハンズフリーカーキット


●車のエンジンに連動してカーキットの電源がON/OFFします。↓
●シガーソケットから電源を取るので、電池切れの心配がありません。↓
●付属のマイクを接続すれば口元にマイクを持ってきて通話をすることができます。↓
●自動応答機能搭載で着信後約5秒後に自動で電話を取ることができます。(ON/OFFの切替が可能です)↓
●2.4Aの出力のポートが1ポートあり、スマートフォンやタブレットの充電ができます。↓

↓【】↓
■伝送方式:GFSK↓
■対応コーデック:SBC↓
■マルチポイント:対応↓
■SCMS-T:対応↓
■適合規格:Bluetooth Ver5.0(Class2)↓
■周波数範囲:2.400~2.480GHz↓
■通信距離:約10m↓※実際の通信距離は使用環境や使用状況によって異なります。↓
■対応プロファイル:HSP, HFP, A2DP, AVRCP↓
■電源:シガーソケット給電式↓
■再生周波数帯域:20~20,000Hz↓
■付属品:外付けマイク、取扱説明書、保証書↓↓【その他仕様】↓
■送信出力:Class 2↓
■対応機種:Bluetooth対応のスマートフォン・携帯電話↓* HFP/HSP(ハンズフリー通話機機能)に対応していること↓
■スピーカー出力:1W↓*実際の通信距離や使用時間は使用環境や使用状況によって異なります。↓↓
■USB1ポート搭載:出力2.4A↓

もっとみる

テーマ

とは

 はじめまして。2021年2月1日よりウェブマガジン「考える人」の編集長をつとめることになりました、金寿煥と申します。いつもサイトにお立ち寄りいただきありがとうございます。
「考える人」との縁は、2002年の雑誌創刊まで遡ります。その前年、入社以来所属していた写真週刊誌が休刊となり、社内における進路があやふやとなっていた私は、2002年1月に部署異動を命じられ、創刊スタッフとして「考える人」の編集に携わることになりました。とはいえ、まだまだ駆け出しの入社3年目。「考える」どころか、右も左もわかりません。慌ただしく立ち働く諸先輩方の邪魔にならぬよう、ただただ気配を殺していました。
どうして自分が「考える人」なんだろう――。
手持ち無沙汰であった以上に、居心地の悪さを感じたのは、「考える人」というその“屋号”です。口はばったいというか、柄じゃないというか。どう見ても「1勝9敗」で名前負け。そんな自分にはたして何ができるというのだろうか――手を動かす前に、そんなことばかり考えていたように記憶しています。
それから19年が経ち、何の因果か編集長に就任。それなりに経験を積んだとはいえ、まだまだ「考える人」という四文字に重みを感じる自分がいます。
それだけ大きな“屋号”なのでしょう。この19年でどれだけ時代が変化しても、創刊時に標榜した「"Plain living, high thinking"(シンプルな暮らし、自分の頭で考える力)」という編集理念は色褪せないどころか、ますますその必要性を増しているように感じています。相手にとって不足なし。胸を借りるつもりで、その任にあたりたいと考えています。どうぞよろしくお願いいたします。

「考える人」編集長
金寿煥

特 集


ランキング

「考える人」から生まれた本

イベント

テーマ